こんな時に振袖のレンタルをするのがおすすめ

振袖を着る場面として最もイメージが強いのが成人式です。成人式では、ほとんどの人が着物姿で華やかな装いで参加します。普段着物を着たことが無い人でも、レンタルを利用することで、着物や帯だけでなく、着付けに必要な紐やベルトまで借りることができます。事前に用意するものがほとんどないので、負担も少なく済むのが特徴です。また、着用後には、そのまま返却して良いというショップが多いです。着物は、洋服とは異なり高級な生地を使用していたり、繊細な刺繍や染めがされているので、通常のクリーニング店では取り扱いが出来ません。専門のクリーニング店を利用する必要があるだけでなく、費用も高額になるので、メンテナンスが大変なものです。上手に利用することで、より気軽に着物を楽しめます。

成人式以外にも使える振袖レンタル

成人式以外の場面でも、上手に使うとその場が非常に華やかになるのが和装の良いところです。例えば、結婚式に参列する際にもワンピースやスーツで参加するよりも、着物を着ていくと華やかになるだけでなく、その場が厳かな雰囲気になります。他にも、企業で行われている新年のパーティーなどの場面でも、着物姿は華やかで喜ばれるものです。フォーマルドレスなどを着ていく場面であれば、振袖を着て行っても問題ないことが多いです。外国のお客様がいらっしゃる場面などには、特に着物を着て行くと喜ばれるのでおすすめです。普段着慣れていないと、窮屈に感じることもありますが、背筋が伸びて小股で歩く姿は、とても女性らしい美しさのあるものです。上手に利用して、日本の伝統衣装でもある着物を楽しみましょう。

レンタル衣装を利用するときの注意

着物を借りるときには注意したい点がいくつかあります。まずは、貸し出し期間についてです。最短で使用日当日のみというものがあります。この場合料金は抑えられますが、不足品などがあった場合には着付けが出来ないというトラブルもあります。料金については、貸し出し期間やそれぞれのショップのキャンペーンなどによって異なります。早期に予約すると割引をしてくれるところもあるので、使用日が決まったら早めにチェックしておいたほうが良いでしょう。契約内容についてもしっかりとチェックする必要があります。着物のほかに、着付け代や送料など、商品以外にかかる費用があるのか、また自分で用意するものがあるのかなどは、事前にしっかりと確認しておきましょう。疑問点は早急に問い合わせて解決しておきましょう。