振袖のレンタルで気になることについて解説

成人式では、振袖を着てみたいという女性も多いものですが、購入するとなれば高額な予算が必要になってきます。高校を卒業してから大学や短期大学、専門学校に通っている人になれば、それだけでも親にお金を使わせてしまっているものであり、振袖購入となれば金銭的な負担がさらに増えてしまいます。しかし、レンタルであれば手頃な価格で利用ができます。着物は一枚だけでは着ることができないものであり、帯や和装のバッグや髪飾り、草履なども必要になってきます。また、外側から見えない小物類もたくさん必要になってきます。着物レンタルでは、これらもまとめてフルセットで貸してもらえるので、着物初心者であっても自分で用意するものは何もなくとても便利に利用することができます。

全国の店舗からお気に入りを探せる

呉服店や貸衣装室で着物を借りることはできますが、自宅の近くの店舗を探し回ってもお気に入りが見つからないということもあります。さらに、見つかったとしてもすでに予約が入っていて借りることができないケースもあります。成人式の日は、地方によっては夏休みなどの時期をずらして行われることがありますが、一般的には成人の日に集中するために着たい日には早い段階で予約が入ってしまうこともあります。早めに予約を入れることも重要ですが、遅れて探し始めたのであれば宅配レンタルを活用してみるといいでしょう。全国にある貸衣装店から探すことができ、ネットショッピングをするようにカートに入れれば、自宅まで宅配便で送ってもらうことができるサービスです。返却も宅配便で送り返すだけなのでとても手軽です。

保険がついているかどうかのチェック

振袖を借りる際には、借りているものであることをしっかりと認識しておく必要があります。同じ状態で返却する必要があり、大きな汚れを付けてしまったり生地を傷つけてしまった場合には弁償しなければならないことになります。成人式の日には、式典に出席をしたり写真館を訪問したりと外を出歩くこともあり、車に乗る時に長い袖をひっかけてしまったり歩いていて泥ハネをつけてしまったりと注意をしていてもトラブルが発生することもあります。そんな場合に備えて、貸し出しプランには保険が付いているかどうかのチェックは欠かせません。プランによっては、保険はオプションとなっていることもありますが、高額なものを借りているので予算を抑えたくても万が一に備えて加入しておいた方が安心です。