振袖をレンタルする時に注意しておきたいこと

成人式の振袖は、一式購入するとなると驚くような高価なものとなってしまいます。未婚女性の着物でもあるので着るチャンスが少ないものであり、すぐに縁があって結婚をしてしまえば成人式だけで終わってしまうこともあります。また、未婚であってもある程度の年齢になれば着ることができなくなるものであり、華やかな色や絵柄は袖をカットしてリフォームをしたとしてもなかなか着るチャンスがない着物となってしまいます。高額な振袖はレンタルで利用されることも多く、リーズナブルな料金で借りることができます。しかし、高額なものを借りていることから万が一のことも考えておかなければなりません。また、借りる際にはプランに含まれているアイテムを事前チェックしておくことも必要です。

含まれているアイテムのチェック

振袖レンタルでは、自分が持っている帯や草履などの小物類を持っているのであれば、着物だけで借りることもできます。しかし、華やかな着物地に合わせるために小物類もある程度の華やかさが必要であり、持っている小物とは雰囲気が合わないことも多いものです。また、着物用の小物類を全く持っていない人になれば一式そろえる必要があり、着物初心者になれば選び方も迷ってしまいます。けれども、レンタルではフルセットで貸し出しをしてもらえるプランが用意されています。足袋や肌着類も含まれており、肌に直接身に着けるものは購入という形で返却の必要がありません。自分で用意するものと言えば、人によって体型補正のためのタオルが必要になりますが、中に隠れて外側から見えないので自宅にあるもので間に合わせることができます。ただし、プランによっては足袋や肌着類、髪飾りはセットに含まれていないこともあるので、事前チェックが必要です。

保険はついているかどうかのチェック

貸衣装サービスを利用の際にチェックしておきたいこととして、着物保険があります。利用料金の中には、貸出料とともにクリーニング代も含まれているので、汚してしまっても大丈夫だと勘違いをしている人も多いものです。しかし、普通に着用していてついてしまう汗シミなどには対応するものの、大きな汚れや取れないようなシミを付けてしまった場合には弁償となってしまいます。高額なものを手ごろな価格で借りることができたとしても、弁償となれば驚くような高額な料金が請求されることになります。そんな時に備えて、着物保険をつけておかなければなりません。プランに含まれていることもあるのですが、オプションとなっていることもあります。多少の出費になるとしても、万が一に備えて加入しておけば安心です。